財政投融資の対象事業に関する情報

  奄美基金に対し、国及び地方公共団体が支出している出資金については、融資業務においては貸付原資の確保、保証業務においては経営基盤の強化などの役割を果たしており、奄美基金が円滑な事業運営を行う上で欠かすことのできないものとなっております。
 中でも、国が措置している出資金は財政投融資(産業投資)からの資金でありますが、これは、奄美群島において中小・零細事業者に対して金融面からの支援を行い、もって奄美群島における産業振興を図るという奄美基金の役割と財政投融資(産業投資)の目的が合致していることによるものであります。

《参考》 
【財政投融資について(財務省HPより)】
 財政投融資とは、
① 租税負担に拠ることなく、独立採算で
② 財投債(国債)の発行などにより調達した資金を財源として、
③ 政策的な必要性があるものの、民間では対応が困難な長期・固定・低利の資金供給や大規模・超長期プロジェクトの実施を可能とするための投融資活動(資金の融資、出資)です。

【財政投融資の手法(産業投資)について(財務省HPより)】 
② 産業投資
 産業投資とは、国が保有するNTT株、JT株の配当金や㈱日本政策金融公庫の国庫納付金などを原資として行っている産業の開発及び貿易の振興のための投資です。
 産業投資は、政策的必要性が高くリターンが期待できるものの、リスクが高く民間だけでは十分に資金が供給されない事業に対して、資金を供給するのに対し、産業投資は比較的リスクの高い事業を対象として、投資(主として出資)により資金を供給しています。


奄美基金における財政投融資資金の流れについて
奄美基金事業実績